岐阜県中津川市に恵那峡ワンダーランドがあります。

恵那峡ワンダーランドは、2000年に閉園した恵那峡ランドを岡本製作所という遊園地などの遊具製作を手がける会社が引き継ぐ形で、2002年にオープンしました。
 
恵那峡ワンダーランド
 
私が子供の頃、恵那峡周辺は観光地として人気がありましたので、私も両親に連れられて、何度も恵那峡ランドに遊びに行ったことがあります。

恵那峡ワンダーランドは、恵那峡ランドの面影を残すレトロな遊園地になっているそうです。

3月中旬~11月下旬までの季節営業とのことですが、昔を思い出して、私も娘たちと一緒に遊びに行きたいと思います。

今回は、恵那峡ワンダーランドの入場料金や割引券について調べてみました。


 


恵那峡ワンダーランドの入場料金まとめ

恵那峡ワンダーランドには、2つのチケットがあります。

  • 入場券
  • とくとくパック

 

それぞれの料金をお伝えしますね。
 

恵那峡ワンダーランドの入場料金はいくら?

恵那峡ワンダーランドの入場料金は、下記のとおりです。

恵那峡ワンダーランドの入場料金表

※ 大人は中学生以上、小人は3歳~小学生です。
※ 障がい者手帳をお持ちの方は、手帳の提示で本人のみが、大人700円、小人400円になります。
 

この入場券で、恵那峡ワンダーランドに隣接する恵那峡天界苑(大人300円)に、無料で入場することができます。

恵那峡天界苑は、ヒツジやウサギと触れ合えたり、天界大橋からは恵那峡が一望できる施設のようですよ。

恵那峡天界苑

恵那峡ワンダーランドの「とくとくパック」の料金はいくら?

恵那峡ワンダーランドには、入場券と乗物券3,200円分がセットになった「とくとくパック」があります。

恵那峡ワンダーランドの乗物は全て400円のため、8回分の乗物券になりますね。

家族や友達と乗物券は分け合えますので、私のような4人家族の場合、「とくとくパック」を2人分、入場券を2人分購入して、乗物券を分け合うこともできます。

 

恵那峡ワンダーランドの「とくとくパック」の料金は、下記のとおりです。

恵那峡ワンダーランドの「とくとくパック」料金表

※ 大人は中学生以上、小人は3歳~小学生です。
 

入場券を支払って、乗物に8回乗るよりも、「とくとくパック」の方が500円も割引されますので、お得ですね。

以前は、恵那峡ワンダーランドの乗物が全て300円だったので、「とくとくパック」は、10回分の3,300円でしたが、値上がりしたようです。


 

恵那峡ワンダーランドの割引券まとめ

恵那峡ワンダーランドの割引券についてまとめました。

 

恵那峡ワンダーランドの割引券は、4つあります(割引額が大きい順)

  • 金券ショップやオークション
  • JTB電子チケット
  • コンビニ
  • PassMe(るるぶレジャーチケット)
  • JAF
  • 公式サイト

 

恵那峡ワンダーランドの入場料金の割引券に関する割引額を表にしました。

恵那峡ワンダーランドの入場券の割引額に関する料金表
 

それでは、恵那峡ワンダーランドの割引券やクーポンについてご紹介しますね。

金券ショップやオークションの割引券

金券ショップやオークションでは、恵那峡ワンダーランドの無料招待券が販売されていることがあります。

恵那峡ワンダーランドの招待券
 

金券ショップやオークションでは、恵那峡ワンダーランドの招待券(大人)が、1枚750円ぐらいで販売されています。

通常料金のチケット(大人)1,100円と比べると350円割引になりお得ですね。

JTB電子チケットで割引

JTB電子チケット
 

JTB電子チケットで、恵那峡ワンダーランドの割引チケットが購入できます。
 

入場券

  • 大人(中学生以上):1,100円 → 900円 (200円割引)
  • 小人(3歳~小学生):700円 → 500円 (200円割引)

 

とくとくパック

  • 大人(中学生以上):3,800円 → 3,500円 (300円割引)
  • 小人(3歳~小学生):3,400円 → 3,100円 (300円割引)

 

JTB電子チケットとは、JTB公式サイトにあるチケットをスマホで購入(クレジットカード決済)できるチケットのことです。

JTB電子チケットでチケットを購入すれば、チケット窓口でスマホの画面を提示するだけで入場できるので便利ですよ。

コンビニで割引

コンビニ

JTBが取り扱う恵那峡ワンダーランドの割引チケットが、コンビニで購入できます。
 

入場券

  • 大人(中学生以上):1,100円 → 900円 (200円割引)
  • 小人(3歳~小学生):700円 → 500円 (200円割引)

 

とくとくパック

  • 大人(中学生以上):3,800円 → 3,500円 (300円割引)
  • 小人(3歳~小学生):3,400円 → 3,100円 (300円割引)

 

下記のコンビニで購入できます。

  • セブンイレブン:マルチコピー
  • ローソン/ミニストップ:Loppi
  • ファミリーマート:Famiポート

 

PassMe!で割引

PassMe!
 

「PassMe!」で、

の割引チケットが購入できます。
 

入場券

  • 大人(中学生以上):1,100円 → 900円 (200円割引)
  • 小人(3歳~小学生):700円 → 500円 (200円割引)

 

とくとくパック

  • 大人(中学生以上):3,800円 → 3,500円 (300円割引)
  • 小人(3歳~小学生):3,400円 → 3,100円 (300円割引)

 

PassMe!とは、旅行情報誌の「るるぶ」のレジャーチケットで、無料会員登録すると割引クーポンを入手できるようになります。

公式サイトで割引

恵那峡ワンダーランドの公式サイトの割引
 

恵那峡ワンダーランドの公式サイトでは、アンケートに答えると入場券の料金と「とくとくパック」が割引になります。

アンケートページを印刷して、恵那峡ワンダーランドのチケット窓口で提示してくださいね。
 

入場券

  • 大人(中学生以上):1,100円 → 1,000円 (100円割引)
  • 小人(3歳~小学生):700円 → 600円 (100円割引)

 

とくとくパック

  • 大人(中学生以上):3,800円 → 3,600円 (200円割引)
  • 小人(3歳~小学生):3,400円 → 3,200円 (200円割引)

 

1枚につき5名まで割引の対象になります。

JAFで割引

JAFのデジタル会員証
 

JAFの会員証を恵那峡ワンダーランドのチケット窓口で提示すると割引があります。

 

入場券

  • 大人(中学生以上):1,100円 → 1,000円 (100円割引)
  • 小人(3歳~小学生):700円 → 600円 (100円割引)

 

JAFの会員証は、プラスティックの会員証でも、JAFのスマホアプリに表示されるデジタル会員証でもOKですよ。

JAFの会員を含む5名まで割引の対象になります。
 

JAFとは、年会費(個人4,000円、家族2,000円)で会員になると車のトラブルに対応する充実したロードサービスはもちろん、日本全国約48,000ヶ所で割引や特典が受けられます。

本人以外にも家族や友人などの同伴者も一緒に割引がありますので、頻繁に割引を利用すると年会費の元がとれるぐらいですよ。

こちらのページからJAFに登録可能です。JAFが選ばれる3つのメリットも紹介されています。

JAF公式ページ(http://www.jaf.or.jp/merit/)
 
 
 

今回は、恵那峡ワンダーランドの入場料金と割引券についてお伝えしました。
 

恵那峡ワンダーランドの入場料金の割引券に関する割引額を表です。

恵那峡ワンダーランドの入場券の割引額に関する料金表
 

恵那峡ワンダーランドは、入場券と乗物券3,200円分がついた「とくとくパック」が、おすすめです。

入場券は、金券ショップやオークションが1番安く購入できる可能性がありますが、「とくとくパック」は、JTB電子チケットやコンビニで購入したほうがお得ですね。