LINE Pay(ラインペイ)は、LINEのスマホ決済サービスです。

お店で支払いをするときに現金やクレジットカードをわざわざ出さなくても、スマホで簡単に支払いができて、会計時の手間が省けます。

さらに支払金額に応じてLINEポイントが貯まるので、お得ですよ。

LINE Payで支払うには銀行口座やコンビニからのチャージ、またはクレジットカードを登録する方法があります。

今回は銀行口座からLINE Payに登録してチャージする方法をお伝えします。

LINE Payに銀行口座を登録すると自動的にチャージされるオートチャージもあるので、LINE Payを頻繁に使う人には便利ですよ。
 

LINE Pay(ラインペイ)の関連記事はこちらです ^^
↓ ↓ ↓

 


 


LINEPay(ラインペイ)にチャージする銀行口座の登録方法は?

銀行口座の登録とチャージ
 

LINE Payに銀行口座を登録すると、次からは簡単にチャージできるようになります。
 

さらにLINE Payでは「銀行口座の登録=本人確認」となっていて、本人確認が完了していると下記の4つの機能が追加されます。

  • 銀行口座からLINE Pay残高にチャージできる
  • LINE Pay残高を銀行口座へ出金できる
  • LINE Pay残高上限が100万円にアップ※本人確認なしは10万円まで
  • LINEの友達に送金できる(割り勘ができる)

 
 

LINE Payに銀行口座を登録しておけば、チャージし過ぎても後から出金ができるので、安心ですね。

※出金には手数料が216円かかります。
 

LINE Payに銀行口座を登録するには、LINE Payでの操作と銀行のサイトでの操作がありますので、それぞれの詳細をお伝えしますね。

LINE Payでの銀行口座の登録方法

まずはLINE Payで銀行口座を登録する方法をお伝えします。
 
 

■1.LINEの「ウォレット」で「+」をタップします。

220-a01-LINE Pay「ウォレット」
 
 

■2.支払い方法一覧が表示されますので「銀行口座」をタップします。

220-a02-LINE Pay「銀行口座」
 
 

■3.「銀行の選択」で登録したい銀行をタップします。

ここでは、ゆうちょ銀行をタップしました。

220-a03-LINE Pay「銀行の選択」
 

LINE Payに登録できる大手銀行は7つあり、これらのプラスして地方銀行がたくさんあります。

  • ゆうちょ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行
  • じぶん銀行

 
 

■4.本人確認についてのメッセージが表示されますので「OK」をタップします。

220-a04-LINE Pay「本人確認」
 
 

■5.「LINE Pay利用規約」が表示されますので、最後までスクロールして「同意します」をタップします。

220-a05-LINE Pay「LINE Pay利用規約」
 
 

■6.「銀行口座の登録」で必要事項を入力し、「次へ」をタップします。

220-a06-LINE Pay「銀行口座の登録」
 
 

これでLINE Payでの操作は終わりました。
 

次は銀行のサイトでの操作をお伝えします。


 

銀行のサイトでの銀行口座の登録方法

ここからは銀行のサイトに移動します。
 

私はゆうちょ銀行の口座を登録しましたので、ゆうちょの銀行を例に登録方法をお伝えしますね。

銀行によって銀行口座の登録方法は異なることもあります。
 
 

■1.「株式会社ゆうちょ銀行 即時振替サービス」の「同意する」をタップします。

220-b01-ゆうちょ銀行「即時振替サービス」
 
 

■2.「口座情報確認」で「記号」を入力し、「進む」をタップします。

220-b02-ゆうちょ銀行「口座情報確認」
 
 

■3.「本人確認」で「番号」を入力し、「進む」をタップします。

220-b03-ゆうちょ銀行「本人確認の番号」
 
 

■4.「本人確認」の内容を確認し、「進む」をタップします。

220-b03-ゆうちょ銀行「本人確認」
 
 

■5.「本人確認」の「キャッシュカードの暗証番号」を入力し、「進む」をタップします。

220-b05-ゆうちょ銀行「キャッシュカードの暗証番号」
 
 

■6.「口座振替申込」で内容を確認し、「口座振替申込」をタップします。

220-b06-ゆうちょ銀行「口座振替申込」
 
 

■7.「銀行口座の登録完了」が表示されます。

220-b07-ゆうちょ銀行「銀行口座の登録完了」
 
 

これでLINE Payに銀行口座の登録が完了しました。
 

次はLINE Payに登録した銀行口座からチャージする方法をお伝えします。


 

LINE Pay(ラインペイ)に登録した銀行口座からのチャージ方法や手数料は?

LINE Payに銀行口座の登録が完了しましたので、次はチャージ方法をお伝えします。

一度、銀行口座を登録してしまえば、そこからのチャージは簡単にできますよ。

登録した銀行口座からLINE Payにチャージしても手数料が無料なので、気軽にチャージができますね。
 
 

■1.LINEの「ウォレット」で「+」をタップします。

220-c01-LINE Pay「ウォレット」
 
 

■2.支払い方法一覧が表示されますので「銀行口座」をタップします。

220-c02-LINE Pay「銀行口座」
 
 

■3.登録した銀行口座をタップします。

ここでは、私が登録したゆうちょ銀行をタップしました。

220-c03-LINE Pay「登録した銀行口座」
 
 

■4.チャージの金額を入力、または「+100」、「+1,000」、「+10,000」からタップし、「チャージ」をタップします。

ここでは100円をチャージしてみます。

220-c04-LINE Pay「チャージの金額を入力」
 
 

5.チャージ中の画面が表示されますので「確認」をタップします。

220-c05-LINE Pay「チャージ中」
 
 

6.「残高」にチャージされた金額が表示されます。

220-c06-LINE Pay「残高」
 
 

7.LINEにもチャージのお知らせが届きます。

220-c07-LINE Pay「チャージのお知らせ」
 
 

これで無事に登録した銀行口座からLINE Payにチャージができました。
 

この方法では手動でチャージをすることになるので、いざLINE Payで支払いをしようとしたら、「まだチャージできていなかった」とお店のレジの前で戸惑ってしまうこともあるかもしれません。

そんなことにならないようにLINE Payにはオートチャージという機能がありますので、次で詳しくお伝えします。


 

LINE Pay(ラインペイ)にオートチャージの設定方法は?

LINE Payにはオートチャージと言って、あらかじめ決めておいた金額を下回った場合、銀行口座からLINE Payに自動的にチャージされる機能があります。

頻繁にLINE Payを使う人は毎回チャージする手間が省けますので、オートチャージがおすすめです。

それではオートチャージの設定方法をお伝えしますね。
 
 

■1.LINEの「ウォレット」で「+」をタップします。

220-d01-LINE Pay「ウォレット」
 
 

■2.支払い方法一覧が表示されますので「オートチャージ」をタップします。

220-d02-LINE Pay「オートチャージ」
 
 

■3.「オートチャージ」をタップしてONにし、「銀行口座」、「オートチャージ条件」、「オートチャージ金額」を設定します。

「オートチャージ条件」に設定してある金額を下回ったらチャージされます。

「オートチャージ条件」が成立したら「オートチャージ金額」に設定してある金額が自動的にチャージされます。

どちらも1,000円以上設定する必要があります。

LINE Pay「オートチャージの設定」
 
 

これで「気づいたらLINE Pay残高がゼロになっている!」ということはなくなりますね。

 
 
 

今回は、LINE Payにチャージする銀行口座の登録方法やチャージ方法、手数料についてお伝えしました。
 

LINE Payに銀行口座を登録するにはいろいろな手順が必要ですが、銀行口座を登録してしまえば、次からは簡単にチャージすることができます。

チャージには手動とオートチャージがありますが、頻繁にLINE Payで支払いをする人にはオートチャージが便利だと思います。

銀行口座からLINE Payへのチャージの手数料は無料なので、気軽にチャージできますよ。
 

LINE Pay(ラインペイ)の関連記事はこちらです ^^
↓ ↓ ↓