NHKのEテレで放送中の「みいつけた!」

「みいつけた!」には、しゃべったり動いたりする椅子の人気キャラクター「コッシー」がいます。

1歳10ヶ月の娘といつも「みいつけた!」を一緒に見ているのですが、椅子のコッシーやサボテンのサボさんという斬新なキャラクター設定によるシュールなお話が大好きです。
 
コッシー01
 
私はコッシーの声優さんが気になったり、中に人が入っていないにも関わらず、コッシーが1人で動いているのでその仕組みが気になったりしています。

今回はコッシーを担当している声優さんを始め、動かし方の仕組みについて調べてみました。



 


NHKみいつけたのコッシーの声優さんは誰?

高橋茂雄さん
 

コッシーの声優さんは、人気お笑い芸人であるサバンナの高橋茂雄さんです。
 

高橋茂雄さんがコッシーの声優さんになったのは、なぜでしょう・・・。

「エンタの神様」(TBS)で、高橋茂雄さんが「犬井ヒロシ」というキャラクターで出演していたとき、NHKの番組プロデューサーが見ていて、「これだ!」と思ったという情報がインターネットに多数あります。

私はお笑いが好きで、エンタの神様を見ていましたので、サングラスをかけた犬井ヒロシがギターを弾きながらネタを披露し、「自由だ~!」や「○○ in freedom」と叫んでいたのを覚えています。

ただ、この犬井ヒロシがコッシーのイメージにどのように繋がったのかは、私にはわかりませんでした(笑)

犬井ヒロシ
 

「みいつけた!」は、2009年3月30日から放送が開始され、コッシーも最初から登場していますので、高橋茂雄さんは10年間(2019月07月17日現在)もコッシーの声優さんを担当されていることになりますね。
 

今ではコッシーの声優さんが高橋茂雄さんということは有名のようですが、私が最初に知ったときには「えっ、あのお笑い芸人の高橋さんがコッシーなの!?」と驚きました!
 

高橋茂雄さんはコッシー以外にも、TVアニメや劇場アニメで声優さんをしています。

■TVアニメ

  • 「名探偵コナン」(読売テレビ) 司会者役
  • 「ドラえもん」(テレビ朝日) 楽々バーベキューセット役

 

■劇場アニメ

  • 「ズートピア」 クロウハウザー役
  • 「ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」(東宝) ヤミテム役
  • 「ドラえもん のび太の宝島」(東宝) トマト役
  • 「ドラえもん のび太の月面探査記」(東宝) キャンサー役 ※予定

 

どれも有名な作品ばかりですね。
 

次はコッシーの動かし方の仕組みについてお伝えしますね。


 

コッシーの動かし方の仕組みはどうなっている?

「みいつけた!」を見ているときにいつも気になっているのは、「コッシーって一体どうやって動いているの?」ということ。

私が初めて「みいつけた!」でコッシーと見たときには、「磁石で動いているのかな?」なんて思っていましたが、屋外での収録やコンサートでもコッシーが1人で動いているので、磁石じゃなさそうです。

コッシーはサボさんのように中に人が入っているわけではないので、とても気になりますよね。
 

残念ながら、コッシーの動かし方の仕組みは公式ページには情報がなく、公式ページ以外でも確実な情報が見つかりませんでした。
 

そのため、ここでは私が考えていた磁石説も含め、インターネットにある噂や仮説をまとめてみました。

  • テグス説:操り人形のようにテグス(糸)を使用した方法
  • 磁石説:コッシーの足には磁石が内蔵されており、床やステージ下の磁石で動かしている
  • 手動説:場面は限定されますが手で動かす方法
  • リモコン説:コッシーそのものがリモコン操作によって動く
  • 複数説:場面に応じて複数のコッシーを使い分ける方法

 

こうした情報を元に推測すると私は「リモコン説」が有力なんじゃないかなって思います。

テグスって結構テレビ画面でアップになったときにうっすらテグスが見えますし、磁石の場合は屋外やコンサートでは難しいですものね。

テレビの中のコッシーは目や眉毛も動くし、一人で動いたり回ったり転んだりもするので、リモコンで誰かがコッシーを動かしているのかなと思いました。
 

次はコッシーのプロフィールをお伝えしますね。

コッシーのプロフィール

コッシー02
 

インターネットにある情報を元にコッシーのプロフィールをまとめました。

  • 名前:コッシー
  • 声優:高橋茂雄(サバンナ)
  • 身長:75cm
  • 属性:椅子
  • 住所:いすのまち
  • 好きな食べ物:おにぎり
  • 憧れの人:スゴジロウ(いすのまち人気漫画キャラクター)
  • 口癖:語尾が「~っす」

 


 

 
コッシーが好きな食べ物は「おにぎり」ということですが、「椅子に食事がいるの?」ということは気にしないでおきます(笑)
 

「みいつけた!」のキャラクターデザインをしている「大塚いちおさん」が、インタビュー「しゃべる椅子コッシー誕生秘話」(2017年9月14日)で、コッシーが誕生した理由をお話しています。
 

大塚いちおさんが「みいつけた!」の対象年齢と同じ4~6歳のころ、田舎のバス停にイスが捨てられているのを見かけたことがあるそうです。

それを見た大塚さんは「あの椅子かわいそうだな」、「椅子も毎日大変だよね」って感じたとのこと。

そのため、「当時の自分と同じように今の子供たちも同じように感じてくれてたら素敵だな」と思って、「椅子のキャラクターを作りたい」という話の結果コッシーが誕生したようです。

 

4~6歳という年齢は、子供が自分で初めて椅子に座れるようになる時期なので、子供にとってコッシーは身近に感じるかもしれませんね。
 

椅子をキャラクターにしようなんて、私のような一般人にはとても思いつかないことです。

 
 
 

今回は「NHKみいつけたのコッシーの声優さんは誰?動かし方の仕組みはどうなっている?」を調べてみました。
 

「みいつけた!」のコッシーの声優さんは、お笑い芸人の高橋茂雄さんです。

サボさんの声優さんと中の人を担当している佐藤貴史さん同じで、「みいつけた!」の放送開始当初から高橋茂雄さんはコッシーの担当をされているということがわかりましたね。

高橋茂雄さんはコッシー以外にも、劇場アニメの「ズートピア」や「ドラえもん」でも声優さんとして活躍されています。
 

コッシーの動かし方の仕組みについては、いろいろと噂がありますが、私は誰かがリモコンで動かしているのかなと思いました。
 

私が初めて「みいつけた!」を見たとき、「椅子がキャラクター?これって面白いの?」と思っていたのですが、コッシーやサボさん、スイちゃんとのやり取りが面白く、いつも娘と楽しみに見ています。
 

コッシーが出演する「みいつけた!」の関連記事はこちらです ^^
↓ ↓ ↓