名古屋市港区にあるリニア鉄道館は、JR東海の新幹線やリニア、歴代の鉄道が展示されている博物館です。

巨大なジオラマやシミュレーターもあるので、子供から大人まで楽しめそうですよ。
 
リニア鉄道館
 
1991年~2009年に開館していた佐久間レールパーク(静岡県浜松市)に展示してあった鉄道の大半が、リニア鉄道館に移転されたようです。

名古屋在住にも関わらず、私はまだリニア鉄道館に行ったことがありません。

幼稚園に通う娘たちがリニア鉄道館のCMを見て「行ってみたい!」と言っていたので、女の子でも鉄道には興味があるみたいです。

今度、家族で遊びに行くために、リニア鉄道館の入場料金や割引クーポンについて調べてみました。


 


リニア鉄道館の入場料金は?

リニア鉄道館には2つのチケットがあります。

  • 入場料金
  • こどもパスポート(期間限定)

 

それぞれについてお伝えしますね。

リニア鉄道館の入場料金はいくら?

リニア鉄道館の入場料金は下記のとおりです。
 

リニア鉄道館の入場料金
区分 料金
大人 1,000円
小中高生 500円
幼児(3歳以上) 200円

※障害者手帳をお持ちの方は手帳の提示で本人と付添1名が大人500円、高校生以下200円になります。
※3歳未満は無料です。

こどもパスポートの料金はいくら?

こどもパスポート
 

リニア鉄道館では、期間限定で「こどもパスポート」(子ども用の年間パスポート)が販売されています。
 

「こどもパスポート」の販売期間と有効期限はこちらです。

  • 販売期間:2019年3月13日(水)~2019年9月2日(月)
  • 有効期限:2019年4月1日(月)~2020年3月31日(火)

 

「こどもパスポート」の料金は下記のとおりです。
 

「こどもパスポート」の料金
区分 料金
小中高生 1,000円
幼児(3歳以上) 400円

 

リニア鉄道館の小中高生は入場料金が500円、幼児(3歳以上の未就学児)が200円なので、「こどもパスポート」を購入して1年間に2回行くと元が取れて、3回以上行くと「こどもパスポート」の方がお得になりますね。
 

「こどもパスポート」には他に特典もあります。

  • 同伴の大人から200円割引、小中高生と幼児から100円割引
  • ミュージアムショップで1,000円(税込)以上を購入すると5%割引(1日1回)
  • デリカステーションで50円割引(1日1杯、コーヒー以外)

 

次はリニア鉄道館の割引クーポンについてお伝えします。


 

リニア鉄道館の割引クーポンは?

スマートEX
 

リニア鉄道館の割引クーポンは「スマートEX」の1つだけあります。

スマートEXとはJR東海による新幹線のインターネット予約サービスです。
 

そのスマートEXで「名古屋駅着」の新幹線を予約して、下記のどちらかをリニア鉄道館の入場窓口に提示すると割引が受けられます。

  • 新幹線の自動改札機から出てくる「EXご利用票(座席のご案内)」
  • 指摘席巻発券機などで発見される「ご利用票 兼 領収書」

 

スマートEXによるリニア鉄道館の割引額はこちらです。
 

リニア鉄道館の入場料とスマートEXの割引
区分 通常 割引後 割引額
大人 1,000円 800円 200円
小中高生 500円 400円 100円
幼児(3歳以上) 200円 100円 100円

 

コンビニでリニア鉄道館の前売り券を購入できますが、割引はありません。

コンビニ
 

リニア鉄道館の入場券は券売機で購入します。

そのため、夏休みの土日などにリニア鉄道館に行く場合は、コンビニで前売り券を購入しておくと券売機で並ぶ必要がなくなりますよ。

 
 

今回は、名古屋にあるリニア鉄道館の入場料金や割引クーポンについて調べてみました。

リニア鉄道館の割引はスマートEXがあります。
 

リニア鉄道館の入場料とスマートEXの割引
区分 通常 割引後 割引額
大人 1,000円 800円 200円
小中高生 500円 400円 100円
幼児(3歳以上) 200円 100円 100円

 

コンビニで販売されている前売り券は割引がありません。

リニア鉄道館には、私が子どものころに在来線で走っていた鉄道があったり、最新の新幹線やリニアもあったりするので、私も娘たちも楽しめそうです♪