NHKのEテレで放送されている「いないいないばあ」の人気キャラクターと言えば、ワンワンですよね。

現在、私の1歳9ヶ月の娘はワンワンが大好きで、毎日のように「いないいないばあ」を見ています。

Eテレの公式サイトによると「いないいないばあ」の対象年齢は0歳~2歳です。

多くのママはお子さんと一緒に2年間ぐらい、2人目のお子さんとがいると4年間ぐらいはワンワンを見ているのではないでしょうか?

私には一回り離れた妹がいて、妹が小さいときからワンワンを見ていますので、私のワンワン歴は15年あり、今のママやお子さんが知らない歌をたくさん知ってるんですよ。

そんなワンワンの声や中の人って気になりませんか?

今回は、私がずっと見ている「いないいないばあ」のワンワンの声優さんや中に入っている人についてまとめました。



 


NHKいないいないばあのワンワンの声優や中の人は誰?

チョーさん01
 

実はワンワン・・・、声優さんも中に入っているのも同一人物で「チョーさん」という方なんです。

1996年から放送されているEテレの人気番組でもある「いないいないばあ」は、今年でなんと23年目。

「いないいないばあ」の放送開始当初から、チョーさんはワンワンを演じているんです。

ワンワンは長い間ずっと、小さい子供たちのハートを鷲掴みにしています。

小さい子供に覚えやすい名前で、言葉を話し始めたばかりの子でも言いやすい名前。

ワンワン歴15年の私は、ワンワンの声優さんや中の人がチョーさんということは知っていましたが、「チョーさんってどんな人なのか?」ということをじっくり調べたことがありませんでした。

そのため、チョーさんの公式ブログやチョーさんが所属する事務所の公式サイトを元に、チョーさんについていろいろと調べてみました。
 

「チョーさん」のプロフィールについて、次に紹介していきます。

「チョーさん」のプロフィール!年齢や身長は?

チョーさん02
 

まずはワンワンの声優さんでもあり、実際に中に入っている「チョーさん」の年齢や身長などの基本的なプロフィールをお伝えします。
 

  • 名前:長島 茂(ながしま しげる)
  • 愛称:チョーさん
  • 出身地:埼玉県鴻巣市
  • 生年月日:1957年12月15日
  • 年齢:61歳 (2019月04月20日現在)
  • 身長:167cm
  • 所属事務所:「ぷろだくしょんバオバブ」(1996年~)→「俳協(東京俳優生活協同組合)」(2007年~)
  • 出身校:二松學舍大学文学部国文科卒業
  • 免許資格:普通自動車、国語科教員免許、書道家教員免許
  • 趣味:バドミントン、ジョギング
  • 特技:猫のいかく声
  • 声:ハイバリトン(テノールとバスの間で中低音の声)

 

チョーさんは1996年まで声優事務所の「ぷろだくしょんバオバブ」に所属し、現在はナレーターや声優、俳優、MC、DJのマネジメントを行う「俳協」に所属しています。

チョーさんはワンワン以外にも声優さんや俳優さんとしても活躍されているようです。

声優さんとしてはアニメ「ONE PIECE」の「ブルック役」、俳優さんとしては大河ドラマ「篤姫」の小松家家臣役などがあります。

国語や書道の教員免許を持っているので、もし声優さんや俳優さんの仕事をやめて学校の先生になっても、生徒たちの人気者になりそうですね。
 

チョーさんは、本名の「長島 茂(ながしま しげる)」や芸名の「長島 雄一(ながしま ゆういち)」という名前で活動していました。

それが、NHK教育テレビで放送されていた「たんけん ぼくのまち」(1984年~1992年)で「チョーさん」という役で出演したのをきっかけに名前を「チョー」に変えたそうです。

自転車で街を探検して、その結果を「たんけん地図」という手書きの地図にまとめる「たんけん ぼくのまち」を私も小さい頃に見ていたのを覚えています。

私に娘が生まれて、「いないいないばあ」を見るようになり、ワンワンの声優や中の人が、あのチョーさんだと知ったときにはとても驚きました。
 

たんけんぼくのまちの写真

Amazonで詳細を確認する

楽天で詳細を確認する
 

次はワンワン卒業の噂とチョーさんのプロ意識の高さについてお伝えします。

ワンワン卒業の噂とチョーさんのプロ意識の高さ!

ワンワン
 

2016年に「いないいないばあ」が20周年を迎えたとき、「20週年を区切りとして、もうすぐ60歳(当時)のチョーさんも卒業するのでは?」とインターネットで話題になったほどです。

しかし、チョーさんが卒業することなく、ワンワンを続けることになったので、小さなお子さんがいるママたちは安心したとのこと。
 

ワンワンは「いないいないばあ」が始まった1996年から現在に至るまで、20年以上もわたって番組に出演しています。

チョーさんはその間、ずっとワンワンの声優さんと中の人を担当しているんです。

チョーさんがワンワンを始めた年齢は38歳のため、今では60歳を超えています。
 

そんなワンワンの着ぐるみは20キロ近くあるそうです。

さらに収録やイベントでは動き回らなければいけません。

2014年におこなわれた「withnews編集部」のインタビューによると、チョーさんは体力づくりのため、1日に10キロも走っているようです。

チョーさんのプロ意識は素晴らしいですね。
 

次はチョーさんの声優さんとしての主な出演作をご紹介します。


 

チョーさんの声優さんとしての主な出演作!

チョーさんは数え切れないぐらいアニメや映画の声優さんとしてのお仕事をしています。
 

さらに年に1回開催される日本の優秀な声優さんに賞が与えられる「声優アワード」の第12回(2017年)で、チョーさんは「富山敬賞」を受賞したんです。

ちなみにチョーさんの公式ブログによると、「富山敬賞」の富山敬賞さんはチョーさんが新人の頃に、お蕎麦をごちそうになったこともある憧れの大先輩とのことです。
 

所属事務所「排協」の公式サイトを参考に、ここではチョーさんの声優さんとしての主な出演作をご紹介します。
 

■アニメ

  • 「ONE PIECE」(ブルック役)
  • 「犬夜叉」シリーズ(邪見役)
  • 「マギ」(マタル・モガメット役)
  • 「クレヨンしんちゃん」シリーズ(野原銀の介役)
  • 「宇宙兄弟」(南波父役)
  • 「のだめカンタービレ」(峰龍見役)
  • 「ぼくは王さま」(主役・王さま役)

 

■映画

  • 「ロード・オブ・ザ・リング」(ゴラム役)
  • 「スクービィードゥ」(スクービィー役)
  • 「スタートレック:ヴォイジャー」(ニーリックス役)
  • 「トランスフォーマー リベンジ」(シーモア・シモンズ捜査官役)
  • 「ナルニア国物語 第二章カスピアン王子の角笛」(松露とり(トリュフハンター)役)

 

次はチョーさんの俳優さんとしての主な出演作をご紹介します。

チョーさんの俳優さんとしての主な出演作!

声優さんの活動が中心のチョーさんですが、ワンワンだけじゃなくて、俳優さんとしてもテレビに出演しています。

主にNHKが多く、大河ドラマにも出演していたこともあるんですよ。
 

所属事務所「排協」の公式サイトを参考に、ここではチョーさんの俳優さんとしての主な出演作をご紹介します。
 

  • 大河ドラマ「篤姫」(小松家家臣役)
  • 「たんけんぼくのまち」(チョーさん役)
  • 「ふしぎ研究所 / びっくりか」(デー太役)
  • 「このまちだいすき」(エースのチョー、星チョー介役)

 

2014年におこなわれた「withnews編集部」のインタビューによると、チョーさんの夢は映画に出演することだそうです。

私もチョーさんを映画で見られることを心待ちにしています。

 
 
 

今回は、NHKで放送中の「いないいないばあ」のワンワンの声優さんや中の人についてお伝えしました。
 

ワンワンの声とを担当していて、中に入っている人は、チョーさんでしたね。

チョーさんはNHKで放送されていた「たんけん ぼくのまち」という役柄の名前でしたが、それがきっかけで、それまで使っていた本名や他の芸名から「チョー」に変えたそうです。

「いないいないばあ」は放送から20年以上が経過していますが、放送開始当初からチョーさん演じるワンワンも出演していて、チョーさんの現在の年齢は60歳を超えています。

ワンワンを演じる傍ら、声優さんとして多くのアニメや映画の声を担当していて、俳優さんとして大河ドラマにも出演したことがあるんです。
 

ワンワンは、チョーさんは20年以上も続けていて、小さな子供たちに愛されるキャラクターです。

世の中のママにとってワンワンは、なくてはならない存在かもしれませんね。

チョーさんは、各地で行われるワンワンとしてのコンサートや他のお仕事とハードな日々を過ごしているそうですが、ワンワンのお仕事をずっと続けてほしいですね。

これからも元気で、人気者なワンワンの姿を見せてほしいです!
 

「いないいないばあ!」のワンワンやうーたんに関する記事はこちらです。^^
↓ ↓ ↓