2017年4月17日、名古屋駅にJRゲートタワーゲートタワーのオープンに合わせて、ボーネルンド(日本のおもちゃ会社)の「あそびのせかい」がオープンしました。
 
ボーネルンドあそびのせかいのキドキド
 
「あそびのせかい」には、屋内の遊び場「キドキド」、お子さんが大好きなおもちゃが揃っている「ボーネルンドショップ」があります。
 

キドキドには、3つの遊び場があります。

  • ディスカバリータウン:組み立てやごっこ遊び
  • アクティブオーシャン:身体を動かす遊び
  • ベビーガーデン:赤ちゃん(6ヶ月~18ヶ月)専用

 

キドキドは、屋内の遊び場のため、天候や気温を気にせずに遊べますよ。

私は雨の日や夏の暑い日に娘をキドキドに連れて行ってあげたいと思います。

今回は、ボーネルンドあそびのせかいのキドキドの料金やクーポンについて調べてみました。



 


ボーネルンドあそびのせかいのキドキドの料金まとめ

キドキドには、大きく分けて3つのチケットがあります。

  • 入場券
  • 平日パス
  • 期間限定パス

 

それぞれの料金をお伝えしますね。
 

キドキドの入場券の料金はいくら?

キドキドの入場券の料金は、下記のとおりです。

あそびのせかいキドキドの入場券の料金
※ 子供は、0歳6ヶ月~12歳です。
※ 障害者手帳をお持ちの方の割引はありません。
 

キドキドでは、お子さん3名につき、保護者は少なくとも1名の入場が必要になります。

 

例えば、お子さん2人と保護者1人の場合、最初の30分は1,200円(お子さん2人)+500円(保護者1人)の合計1,700円。

保護者1名は延長料金が無料のため、10分延長した場合は、お子さんの料金にそれぞれ100円がプラスされます。

お子さん2人がキドキドに夢中になって、90分間遊んだ場合は、2人で2,400円(1人1,200円)+500円(保護者1人)の合計2,900円になります。

 

キドキドにはポイントカード会員があります。

あそびのせかいキドキドのポイントカード会員
 

ポイントカード会員の詳細は下記のとおりです。

  • 入会金:100円
  • 有効期限:1年間(更新料100円)
  • キドキドに入場ごとに100ポイント、延長10分ごとに10ポイント貯まる

 

キドキドのポイントカード会員になると、貯まったポイント数に応じて、キドキドが無料で遊べますので、お得ですよ。

  • 2000ポイント:30分無料(子供3名)
  • 3200ポイント:60分無料(子供3名)
  • 4500ポイント:120分無料(子供3名)

 

入場券の一般は600円、ポイントカード会員は500円ため、入会金100円を支払っても600円のため、ポイントカード会員になるといいですね。

キドキドの平日パスの料金はいくら?

キドキドの平日パスは、2つあります。

  • 1日フリーパス
  • 平日フリーパス

 

それぞれについてお伝えしますね。

1日フリーパス

あそびのせかいキドキドの1日フリーパス
 

キドキドの1日フリーパスの料金は1,700円(お子さん1人+大人1人)で、購入した日に1日中遊べます。

90分以上、キドキドで遊ぶ場合は、入場券を購入して延長するよりも、1日フリーパスの方がお得になります。

 

1日フリーパスを購入した日は、何度でも入場可能なので、途中にランチに行ったり、ショッピングに行ったりできますよ。

1日フリーパスを販売しない日があったり、当日はなくなり次第終了になりますので、キドキドに行く前に確認してくださいね。

平日フリーパス

あそびのせかいキドキドの平日フリーパス
 

キドキドの平日フリーパスは、購入した日から1ヶ月間は平日に限り、何度でも遊べます。
 

キドキドの平日フリーパスの料金は2つあります。

  • 新規または第1子+大人1人:4,400円
  • 継続または第2子+大人1人:3,700円

 

家族に限り誰でも利用できますので、兄弟姉妹がいる場合は交代で連れてってあげることもできますよ。
 

平日フリーパスも販売しない日があったり、当日はなくなり次第終了になりますので、キドキドに行く前に確認してくださいね。


 

期間限定パスの料金はいくら?

キドキドでは期間限定で様々なパスが販売されます。
 

期間限定で販売されたパスは、下記のようなものがあります。

  • ベビーパス
  • 年間フリーパス
  • 夏休みフリーパス
  • イブニングパス

 

それぞれに詳細をお伝えしますね。

ベビーパス

あそびのせかいキドキドのベビーパス
 

6ヶ月~1歳の赤ちゃんを対象のパスが、ベビーパスです。
 

ベビーパスの詳細は下記のとおりです。

  • 料金:1,000円(お子さん1人+大人1人)
  • 利用時間:2時間(2時間以降は10分ごとに100円)
  • 対象年齢:6ヶ月~1歳のお誕生日当日まで
  • 持ち物:お子さんの誕生日がわかる保険証や母子手帳
  • 販売日:毎週火曜日と木曜日

年間フリーパス

あそびのせかいキドキドの年間フリーパス
 

購入から1年間は、キドキドで遊びたい放題のパスが、年間フリーパスです。

年間フリーパスには、平日用と休日用がありますが、料金は同じです。
 

それぞれの詳細は下記のとおりです。

 

年間平日フリーパス

  • 料金:35,000円(お子さん1人+大人1人)
  • 平日限定

 

年間休日フリーパス

  • 料金:35,000円(お子さん1人+大人1人)
  • 土日祝限定

 

年間フリーパスを持っているとキドキドが混雑していても優先的に入場することができます。

イブニングパス

あそびのせかいキドキドのイブニングパス
 

プレミアムフライデー限定のパスが、イブニングパスです。
 

イブニングパスの詳細は下記のとおりです。

  • 料金:1,200円(お子さん1人+大人1人)
  • 利用時間:15時~19時まで(再入場は何度でも可)

 

プレミアムフライデーは月に1度(月末の金曜日)のみですが、キドキドが15時~19時の4時間で1,200円はお得ですね。

夏休みフリーパス

あそびのせかいキドキドの夏休みフリーパス
 

夏休み期間中、何度でもキドキドで遊べるパスが、夏休みフリーパスです。
 

夏休みフリーパスの詳細は下記のとおりです。

  • 料金:9,800円(お子さん1人+大人1人)
  • 期間:夏休みの毎日

 

暑い日が続く夏休みに屋内のキドキドで毎日のように遊べるのはうれしいですね。
 

次は、ボーネルンドあそびのせかいのキドキドのクーポンについてお伝えします。


 

ボーネルンドあそびのせかいのキドキドのクーポンまとめ

キドキドのクーポンは、3つあります(割引額が大きい順)

  • 金券ショップやオークション
  • JAF
  • デイリーPlus

 

キドキドの料金に関する割引額を表にしました。

あそびのせかいキドキドの入場料金の割引額まとめ
 

ここからは、上の表を元に、キドキドのクーポンについてお伝えします。

金券ショップやオークションのギフト券

金券ショップやオークションでは、キドキドのギフト券が販売されていることがあります。

あそびのせかいキドキドのギフト券
 

金券ショップやオークションでは、120分利用券が1枚2,000円が、1枚1,500円ぐらいで販売されていますので、500円割引になりお得ですね。

JAFで割引

JAFの会員証
 

JAFの会員証をキドキドのチケット窓口で提示すると割引があります。
 

お子さんの通常料金(最初の30分):600円 → 400円 (200円割引)

お子さんは6ヶ月~12歳が対象です。
 

JAFの会員証は、プラスティックの会員証でも、JAFのスマホアプリに表示されるデジタル会員証でもOKですよ。

JAFの会員1名につき、お子さん3名まで割引の対象になります。

 

JAFとは、年会費(個人4,000円、家族2,000円)で会員になると車のトラブルに対応する充実したロードサービスはもちろん、日本全国約48,000ヶ所で割引や特典が受けられます。

本人以外にも家族や友人などの同伴者も一緒に割引がありますので、頻繁に割引を利用すると年会費の元がとれるぐらいですよ。

こちらのページからJAFに登録可能です。JAFが選ばれる3つのメリットも紹介されています。

JAF公式ページ(http://www.jaf.or.jp/merit/)

デイリーPlusで割引

デイリーPlus
 

デイリーPlusのキドキドに関するクーポン画面を印刷、またはスマホのクーポン画面をチケット窓口で提示すると割引があります。
 

お子さんの通常料金(最初の30分):600円 → 400円 (200円割引)

お子さんは6ヶ月~12歳が対象です。
 

デイリーPlusとは、Yahoo!Japanが提供するサービスで、会員(月額500円)になると、レジャー、グルメ、旅行、映画などが割引されます。

本人だけではなく家族や友人などの同伴者も一緒に割引がありますので、おでかけ好きの人、みんなで楽しみたい人はお得です。

こちらのページからだと最大2カ月無料でデイリーPlusに登録可能です。
デイリーPlus公式ページ(https://dailyplus.yahoo.co.jp/campaign/)

 

次は、ボーネルンドあそびのせかいのキドキドの駐車場についてお伝えします。


 

ボーネルンドあそびのせかいのキドキドの駐車場は?

駐車場についてキドキドに電話で確認しましたが、キドキドには専用駐車場がありません。

キドキドがある名古屋駅周辺にはたくさん駐車場がありますが、キドキドに近い駐車場は、ジェイアール名古屋タカシヤマに直結する「タワーズ一般駐車場」、または「JPタワー名古屋駐車場」です。
 

1.タワーズ一般駐車場
2.JPタワー名古屋駐車場
3.あそびのせかいのキドキド(JRゲートタワー内)
※ 地図内の番号と同じです。
 

この2つの駐車場は料金が高めなのですが、JRゲートタワー内にあるキドキドに近く、ジェイアール名古屋タカシヤマ、JRゲートタワー、KITTE名古屋で買い物や食事をすると金額に応じて、駐車料金の割引サービスがあります。
 

タワーズ一般駐車場(収容台数1,000台)とJPタワー名古屋駐車場(収容台数369台)の料金は下記のとおりです。

  • 6:00~24:00:30分320円
  • 0:00~6:00:60分300円
  • 営業時間:24時間

 

駐車料金の割引サービスは下記のとおりです。

  • 5,000円以上:駐車料金が1時間無料
  • 20,000円以上:駐車料金が2時間無料
  • 50,000円以上:駐車料金が3時間無料

※ 買い物や食事をする場所によっては、割引サービスが異なることがあります。
 

ボーネルンドあそびのせかいのキドキドの駐車場についてお伝えしました。

 
 
 

今回は、高島屋にあるボーネルンドあそびのせかいのキドキドの料金やクーポン、駐車場についてお伝えしました。
 

キドキドの料金に関する割引額を表にしました。

あそびのせかいキドキドの入場料金の割引額まとめ
 

キドキドの混雑状況は公式サイトによりますと、全体的に13時~16時に入場者が多く、土日祝や大型連休は混雑しますが、平日はゆっくり遊ぶことができるそうです。

キドキドには季節に応じて期間限定のパスがありますので、事前にチェックしてから遊びに行きたいですね。