日本の四季の中で過ごしやすい時期(春や秋)なのに、花粉症はつらいですよね。

花粉症の薬を飲むと症状は抑えられますが、眠くなったり、のどが渇いたりする人も多いと思います。

「花粉症の症状を緩和したいけど、薬を飲むのは抵抗がある」という人は、ヨーグルトやバナナなど、花粉症の症状を緩和する食べ物はいかがでしょうか?

私は薬に頼らずに、常日頃から(遅くても花粉症の症状が出る前に)、花粉症に効果的な食べ物を意識して食べるようにしています。

食べ物での花粉症対策は薬のように「すぐに症状がよくなる」ということはありませんが、継続すれば少しずつ花粉症の症状が緩和されていきますよ。



 


花粉症対策の食べ物ランキング

花粉症の対策になる食べ物でも、高額だったり、食べづらい(調理しづらい)と長続きしません。

今回は、気軽に食べられるものを基準にランキングを作りました。

それでは、花粉症対策の食べ物ランキングの1位~10位を見ていきましょう。

1位 ヨーグルト

ヨーグルト

 

ヨーグルトにはたくさんの乳酸菌が含まれています。

その乳酸菌によって腸内環境が改善され、免疫力が向上し、その結果、花粉症などのアレルギー症状を緩和すると言われています。

ヨーグルトには即効性がないため、花粉が飛来し始める3ヶ月ぐらい前から、ヨーグルトを食べ始めましょう。

腸内環境を整えることはとても重要です。

しあわせホルモンと呼ばれるセロトニンが、腸内に90%あると言われています。

 

でも、ヨーグルトを毎日食べるようになるとけっこうお金がかかりますよね。

我が家では牛乳パックがセットできるタイプのヨーグルトメーカー(約3,000円)を購入し、ヨーグルトを作っています。

たくさんヨーグルトを食べられますし、お金の節約にもなりますよ。

 

我が家でも使っているアイリスオーヤマのヨーグルトメーカーです。

ヨーグルトメーカー

Amazonで詳細を確認する

楽天で詳細を確認する

2位 バナナ

バナナ

 

筑波大学医学医療系 谷中昭典教授らの研究グループが「バナナ摂食によるスギ花粉症の予防効果に関する臨床試験」を実施したところ「バナナ摂食が花粉症の自覚症状改善に効果があること」が確認できたそうです。

筑波大学の「バナナを食べると花粉症が改善される~バナナ摂食によるスギ花粉症の予防効果に関する臨床試験を実施~」(http://www.tsukuba.ac.jp/attention-research/p201311291500banana.html)

 

この試験では、1日あたりバナナ200g(約2本)を8週間食べるグループとバナナを食べないグループに分け、スギ花粉飛散前(1月下旬)、飛散開始直後(2月下旬)、大量飛散時期(3月下旬)に問診と血液検査を行いました。

その結果、バナナを食べたグループで、くしゃみ、鼻づまり、目のかゆみなど花粉症の自覚症状が抑制されていることがわかったそうです。
 

1日2本のバナナで花粉症の症状が少しでも抑えられるなんて、バナナってすごいですね。

バナナも即効性はありませんので、花粉が飛来し始める8週間前からは食べ始めるといいみたいですよ。

我が家では毎朝ヨーグルトに切ったバナナを入れて食べています。

3位 レンコン

レンコン

 

レンコンには、ポリフェノールの一種であるカテキンが含まれていて、そのカテキンが「IgE抗体」を抑える効果がありますので、食事に取り入れてみるといいですね。

身体の中に入ってきた花粉を外に追い払ってくれるのが、「IgE抗体」です。

4位 青魚

青魚

 

さば、さんま、あじ、いわしなどの青魚には、血液をサラサラにするDHAやEPAが含まれています。

このDHAやEPAが花粉症などのアレルギーを緩和する効果があると言われているんですよ。


 

5位 納豆

納豆

 

納豆は健康に良い食べ物としてあまりにも有名ですが、花粉症にも効果があるんです。

納豆に含まれる納豆菌には整腸作用がありますので、腸内環境が良くなり、免疫力が向上し、花粉症などのアレルギー症状を緩和してくれます。

6位 生姜(しょうが)

生姜(しょうが)

 

食品医学研究所の平柳 要所長によりますと「生姜に含まれる抗酸化成分のショウガオニールと呼ばれる成分は花粉症や慢性アレルギー性鼻炎の症状を緩和・改善する効果が期待できる」と報告されています。

生姜は料理に使うだけではなく、温かい紅茶に生姜を入れた生姜紅茶もおいしいですよ。

生姜すりおろすのが面倒な場合は、チューブの生姜を使ってもOKです。

7位 玉ねぎ

玉ねぎ

 

玉ねぎにはポリフェノールの一種であるケルセチンが含まれていて、そのケルセチンが花粉症などのアレルギー症状を緩和します。

玉ねぎは料理に使いやすいのでおすすめです。

8位 ゴマ

ゴマ

 

ゴマに含まれるセサミンは身体が錆びるのを抑える強い抗酸化作用を持っていますが、さらに花粉症の原因にもなるアラキドン酸の生成を抑える働きがあります。

9位 シソ

シソ

 

シソに含まれるαリノレン酸が花粉症などのアレルギー症状を緩和します。

10位 ハチミツ

ハチミツ

 

ハチミツに含まれる数十種類のポリフェノールが、花粉症の症状を引き起こすヒスタミンの放出を抑えてくれます。

 
 
 

今回は、花粉症対策の食べ物ランキングをお伝えしました。

どれも日頃の生活に取り入れすい食べ物ばかりですね。

ご紹介した食べ物は即効性がありませんが、続けて食べていくうちに免疫力がアップ&体質改善されていき、花粉症の症状も緩和される可能性があります。

私も以前と比べると花粉症の症状が軽くなりました。

健康的なものを食べて、花粉症に負けない体作りをしましょう。