ランドセルラックがあると、ランドセルや教科書、書道セット、裁縫道具などの学用品をまとめておけるので便利ですよ。

小学校から帰ってきたら、「まずはランドセルをランドセルラックに置く」という習慣を身につけることができます。

私の娘が通う幼稚園には指定のカバンや制服があるため、それらの置き場所を考えていたところ、ランドセルラックの存在を知りました。

 

子供部屋にある勉強机ではなく、家族がいるリビングで勉強する「リビング学習」が注目されている関係で、勉強机ではなくランドセルラックを購入する人が増えているそうです。

 

ランドセルラックが気になり始めた私は、メーカーのサイトや他のサイトを徹底的に調べ、気になるメーカーには何度も問い合わせの電話をしました。

ランドセルラックにプラスして、子供の制服やアウターをかけるハンガーラック、本や習い事の道具を置く収納ラックを検討した結果、たくさん収納ができ、部屋に置いても違和感のないシックなデザインのランドセルラックを探したのです。

 

私は妻と相談して、今回のランドセルラックおすすめ人気ランキングで、1位の「ディズニーキッズ収納ラック(ベルメゾン)」(AタイプとBタイプ)を購入しました。

とても悩みましたが、子供がディズニー好きなので、さりげなくディズニーのキャラクターがデザインされていて、必要になれば他のタイプを追加できるランドセルラックを選びました。

 

私が購入したランドセルラック以外にも、気になるランドセルラックがたくさんあります。

ランドセルラックで悩んでいる人のために、私が調べた内容やインターネットの口コミを元に、ランドセルラックをランキング形式でまとめました。


スポンサーリンク
 


ランドセルラックおすすめ人気ランキング

ランドセルラックにはいろいろなタイプがありますが、ここでは子供部屋に置く(ある程度のスペースが確保できる)ことを前提にランドセルラックおすすめ人気ランキングをお伝えします。

1位:ディズニーキッズ収納ラック(ベルメゾン)

1位:ディズニーキッズ収納ラック(ベルメゾン)

ベルメゾンが販売する「ディズニーキッズ収納ラック」は、Aタイプ(ハンガーラック)、Bタイプ(棚・引き出し)、Cタイプ(棚・引き出し・ワゴン)の3タイプがあります。

 

既にクローゼットがある場合はBタイプとCタイプ、タンスがある場合はAタイプとBタイプというように、状況に合わせて選ぶことができますので、お子さんの成長に応じて、追加で購入することもできますよ。

1位:ディズニーキッズ収納ラック(ベルメゾン) Aタイプ、Bタイプ、Cタイプ

 

カラーはどんなお部屋にも合うホワイトとダークブラン、ホワイトとナチュラル・ブラウンがあります。

 

ホワイトとダークブラン
ディズニーキッズ収納ラック(ベルメゾン) ホワイトとダークブラウン

 

ホワイトとナチュラル・ブラウン
ディズニーキッズ収納ラック(ベルメゾン) ホワイトとナチュラル・ブラウン

 

さりげなくミッキーがデザインされていますので、お子さんが大きくなってからでも、かわいすぎるということはありません。

キャスターがついていませんが、中に何も入れてなければ軽いため、比較的簡単に動かせます。

下にスペースがないため、ホコリが溜まりません。

Aタイプ(ハンガーラック)の詳細

  • 価格:12,900円(税込)
  • サイズ:幅45×奥行44.5(取っ手含む)×高さ120cm
  • 耐荷重量:棚板5kg、ハンガーバー3kg)、フック0.5kg
  • 重量:17kg
  • キャスター:なし
  • 日本製

Bタイプ(棚・引き出し)の詳細

  • 価格:15,900円(税込)
  • サイズ:幅45×奥行44.5(取っ手含む)×高さ120cm
  • 耐荷重量:棚板5kg
  • 重量:19kg
  • キャスター:なし
  • 日本製

Cタイプ(棚・引き出し・ワゴン)の詳細

  • 価格:18,900円(税込)
  • サイズ:幅45×奥行44.5(取っ手含む)×高さ120cm
  • 耐荷重量:棚板5kg
  • 重量:22kg
  • キャスター:なし
  • 日本製

2位:ランドセルラックシリーズ ラック・ハンガー・ブックラック(ニッセン)

ミルキー

2位:ランドセルラックシリーズ ラック・ハンガー・ブックラック ミルキー

 

ナチュラル

ランドセルラックシリーズ ラック・ハンガー・ブックラック(ニッセン) ナチュラル

 

ニッセンが販売する「ランドセルラックシリーズ ラック・ハンガー・ブックラック」には、3タイプがあります。

1位の「キッズ収納ラック(ベルメゾン)」と同じで、必要なラックだけを選ぶことができます。

本棚が充実していますので、教科書や本の置き場所に困りません。

カラーはミルキー(パステル)と落ち着いたナチュラル(ライトブラン)があり、女の子はきっとかわいいミルキーを選ぶはず!

キャスターがついているため気軽に移動することができますので、模様替えも楽々です。

ランドセルラックの詳細

  • 価格:14,900円(税抜)
  • サイズ:幅38.5×奥行40×高さ95cm
  • 耐荷重量:上部3kg、引き出し(浅型)1kg、引き出し(深型)2kg
  • 重量:13kg
  • キャスター:あり
  • 日本製

ハンガーラックの詳細

  • 価格:12,900円(税抜)
  • サイズ:幅33.5×奥行40×高さ95cm
  • 耐荷重量:上部3kg、ハンガー8kg、引き出し2kg
  • 重量:8kg
  • キャスター:あり
  • 日本製

ブックラックの詳細

  • 価格:9,990円(税抜)
  • サイズ:幅24.5×奥行40×高さ95cm
  • 耐荷重量:上部8kg、中断・下段8kg
  • 重量:9kg
  • キャスター:あり
  • 日本製

スポンサーリンク
 

3位:ランドセルラック 木製

ナチュラル×グリーン

3位:ランドセルラック ナチュラル×グリーン

 

ナチュラル×ピンク

3位:ランドセルラック ナチュラル×ピンク

 

たくさん収納ができるランドセルラックのワイドタイプとハンガーラックが一体になったタイプ。

一体型のため、個々に使うことはできませんが、お部屋にスペースがあれば、これ1つで学用品が収まります。

キャスター付きですが、外からは見えないデザインになっているのは嬉しいですね。

 

カラーが豊富で6種類あります。

  • ダークブラウンxブラウン
  • ホワイトxブラウン
  • ナチュラルxオレンジ
  • ナチュラルxブラウン
  • ナチュラルxグリーン
  • ナチュラルxピンク

3位:ランドセルラック6種類のカラー

 

一般的なメーカーのランドセルラック1つ分の価格で、たくさん収納できるランドセルラックが購入できます。

楽天で詳細を確認する

詳細

  • 価格:10,176円(税込)
  • サイズ:幅90.5×奥行42×高さ91.5cm
  • 耐荷重量:本体上部15kg、本棚6kg、可動棚(1段につき)5kg、引き出(1段につき)3kg、ハンガーフック5kg、ハンガースペース下板10kg
  • 重量:33kg
  • キャスター:あり

4位:デスク付 収納シェルフ ワゴン付

デスク付 収納シェルフ ワゴン付

 

ランドセルラックのワイドタイプとデスクがセットになっています。

さらにデスクの下にはワゴンがありますので、バッグやおもちゃなど何でも収納しちゃいましょう。

ワゴンにはキャスターが付いていますので、必要なときだけワゴンとデスクを引き出して使用できます。

宿題や勉強をリビングでする場合でも、お子さん専用のデスクがあると気軽にお絵かきをしたり、お手紙を書いたりできるので便利ですね。

 

カラーはナチュラル、ブラウン、ダークブラウンがあります。

楽天で詳細を確認する

詳細

  • 価格:11,880円(税込)
  • サイズ:幅106cm×奥行40cm×高さ89.5cm
  • 耐荷重量:シェルフ天板15kg、シェルフ棚板部分5kg、デスク天板15kg、ワゴン内15kg
  • 重量:23kg
  • キャスター:あり(ワゴンのみ)

5位:ディズニーランドセル収納ワゴン(ベルメゾン)

5位:ディズニーランドセル収納ワゴン(ベルメゾン)

ベルメゾンが販売する「ディズニーランドセル収納」は、ランドセルラックに本棚が付いたタイプや本棚と引き出しが付いたタイプがあり、それぞれにスリムタイプとワイドタイプがあります。

かわいいディズニーのキャラクターがデザインされています。

 

くまのプーさん

5位:ディズニーランドセル収納ワゴン(ベルメゾン) くまのプーさん

 

シンデレラ

5位:ディズニーランドセル収納ワゴン(ベルメゾン) シンデレラ

 

ラプンツェル

ディズニーランドセル収納ワゴン(ベルメゾン) ラプンツェル

 

トイ・ストーリー

5位:ディズニーランドセル収納ワゴン(ベルメゾン) トイ・ストーリー

 

ハンガーラックはありませんので、教科書などの本や学用品をメインで置きたい人に向きです。

スリムタイプの詳細

  • 価格:10,789円(税込)~14,900円(税込)
  • サイズ:幅32(フック使用時38)×奥行30×高さ96.5cm(キャスター含む)
  • 耐荷重量:天板・棚板・中天板5kg、フック0.5kg
  • 重量:8.5kg~19kg
  • 日本製

ワイドタイプの詳細

  • 価格:21,900円(税込)~24,900円(税込)
  • サイズ:幅63(フック使用時69)×奥行30×高さ96.5cm(キャスター含む)
  • 耐荷重量:天板・棚板・中天板5kg、フック0.5kg
  • 重量:15kg~22.3kg
  • キャスター:あり
  • 日本製

スポンサーリンク
 

6位:ランドセルラック キャスター付き ワイド(Curio)

6位:ランドセルラック キャスター付き ワイド(Curio)

 

ランドセルラックのワイドタイプです。

カラーは、ウォルナット、ナチュラル、ホワイトがあり、シンプルなデザインなため、どこに置いても違和感がありません。

鍵盤ハーモニカが2つ入る収納スペースもありますよ。

クローゼットがある場合は、収納が多い、このワイドタイプ(キャスター付き)がおすすめです。

楽天で詳細を確認する

詳細

  • 価格:15,840円(税込)
  • サイズ:幅63.3×奥行40.2×高さ90.1cm
  • 耐荷重量:棚板5kg、引き出し5kg
  • 重量:19kg
  • キャスター:あり
  • 日本製

7位:ランドセルラック キャスター付き ハンガー(Curio)

7位:ランドセルラック キャスター付き ハンガー(Curio)

 

ランドセルラックとハンガーラックが一体になったものです。

6位のランドセルラック キャスター付き(Curio)とは、同じメーカーです。

こちらもカラーは、ウォルナット、ナチュラル、ホワイトがあり、鍵盤ハーモニカが2つ入る収納スペースもありますよ。

制服やアウターをかけたい場合は、このハンガーラック付きが便利ですね。

楽天で詳細を確認する

詳細

  • 価格:15,840円(税込)
  • サイズ:幅63.3×奥行40.2×高さ90.1cm
  • 耐荷重量:棚板5kg、引き出し5kg
  • 重量:19kg
  • キャスター:あり
  • 日本製

8位:木製 ランドセルラック キャスター付

8位:木製 ランドセルラック キャスター付

 

スリムタイプのランドセルラックです。

AタイプとBタイプの2種類があります。

Aタイプは、7段の仕切り棚を使って、教科ごとの教科書やノートなどを分けることができ、お子さんが一人で翌日の準備を簡単にできますよ。

インデックスシールも付いていますので、ひと目で教科がわかるのが魅力。

Bタイプはスタンダードなタイプです。

 

カラーはナチュラル×ホワイト、ホワイトがあります。

楽天で詳細を確認する

詳細

  • 価格:9,800円(税込)
  • サイズ:幅33.4×奥行30×高さ92.4cm
  • 耐荷重量:天板20kg
  • 重量:Aタイプ13.5kg、Bタイプ14.8kg
  • キャスター:あり
  • 中国製

9位:ランドセルラック randy(ランディ)

9位:ランドセルラック randy(ランディ)

 

実際に小さなお子さんを持つママが考えて開発したため、こだわりポイントが満載です。

ポイント1

ランドセルラックの角にソフト素材を使用していますので、誤ってお子さんが体をぶつけてしまっても大丈夫。

特に小さい弟さんや妹さんがいる場合、角に頭をぶつけてしまうと大変なため、角がソフト素材で守られていると安心ですね。

ポイント2

油性ペンで落書きをしても乾拭きで簡単に落とせる特殊シート利用。

シールも簡単にはがせます。

ポイント3

かわいいデザインで、カラー豊富(レッド、ブラウン、オレンジ、ホワイト、グリーン、ブルー)です。
 

楽天で詳細を確認する

詳細

  • 価格:16,200円(税込)
  • サイズ:幅33cm×奥行き30cm×高さ90cm
  • 耐荷重量:上段5kg、下段3kg
  • 重量:12.4kg
  • 日本製

10位:ランドセルラック(LOWYA)

10位:ランドセルラック(LOWYA)

 

双子のお子さんや年齢の近い兄弟姉妹がいるご家庭に嬉しい、2人用のランドセルラックとハンガーラックです。

二人で仲良く整理整頓を身に着けましょう。

 

カラーは、ナチュラル/ブラウン、ホワイト/ブラウン、ダークブラウン/ブラウン、ナチュラル/オレンジがあります。

楽天で詳細を確認する

詳細

  • 価格:17,990円(税込)
  • サイズ:幅120×奥行40×高さ90cm
  • 耐荷重量:ハンガーラック5kg、ハンガースペース下10kg、引き出し3kg、上棚15kg、可動棚5kg、本棚6kg
  • 重量:45kg

 
 
 

今回は、ランドセルラックおすすめ人気ランキングを1位~10位までご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

幼稚園や保育園を卒園して、小学校に入学するころにはお子さんは一人でいろいろなことができるようになっています。

ランドセルや教科書などの学用品の決まった置き場所があると整理整頓が身につきますよ。

決まった場所にものがあると準備がしやすいため、忘れ物防止にもつながります。

ぜひ、お子さんにピッタリのランドセルラックを見つけてくださいね。