名古屋市熱田区にある白鳥庭園は、1989年に開催された世界デザイン博覧会のパビリオンにするために整備された日本庭園です。
 
白鳥庭園
 
世界デザイン博覧会が開催された当時、学生だった私は白鳥会場(白鳥庭園や名古屋国際会議場付近)に友達や家族と遊びに行った思い出があります。

白鳥庭園は、東海地方の木曽川、伊勢湾、御嶽山のイメージが庭園に取り入れられているとのこと。

その規模は東海地方で最大級を誇り「水の物語」をテーマにした日本庭園です。

白鳥庭園では、家族で自然を楽しみながらのんびり散歩すると気持ちいいですよ。

今回は、白鳥庭園の入場料、割引や無料開放の情報をお伝えしますね。


スポンサーリンク
 


白鳥庭園の入場料まとめ

白鳥庭園には、2つの料金があります。

  • 入場料
  • 定期観覧券(年間パスポート)

 

それぞれの料金についてお伝えしますね。

白鳥庭園の入場料は?

白鳥庭園の入場料は、下記のとおりです。

白鳥庭園の入場料表

※ 中学生以下は無料です。
※ 名古屋市在住の65歳以上の方は、敬老手帳の提示が必要です。
※ 障がい者手帳をお持ちの方は、手帳の提示で本人と付添2名が無料になります。
 

白鳥庭園の定期観覧券(年間パスポート)の料金は?

定期観覧券を購入すると1年間に何度でも白鳥庭園に遊びに行けるようになります。
 

白鳥庭園の定期観覧券の料金は、下記のとおりです。

白鳥庭園の定期観覧券の料金表

※ 有効期限は1年間です。
※ 本人のみ有効です。
※ 名古屋市在住の65歳以上の方は、敬老手帳の提示が必要です。
 

白鳥庭園の入場料は大人300円のため、定期観覧券を使って5回以上遊びに行くと定期観覧券の方がお得なりますね。
 

次は、白鳥庭園の割引についてお伝えします。


スポンサーリンク
 

白鳥庭園の割引券やクーポンまとめ

白鳥庭園には入場料の割引券やクーポンが2つありますので、それらの割引額を表にしました。

白鳥庭園の入場料に関する割引額表
 

それでは、白鳥庭園に関するそれぞれの割引券やクーポンの詳細をお伝えしますね。

一日乗車券、ドニチエコきっぷで割引

「一日乗車券」とは、名古屋市営地下鉄や名古屋市バスが1日に何度でも利用できる乗車券です。

一日乗車券
 

「ドニチエコきっぷと」は、土日祝と毎月8日に限り、一日乗車券と同じ内容となる乗車券です。

ドニチエコきっぷ
 

一日乗車券やドニチエコきっぷを白鳥庭園のチケット窓口で提示すると割引があります。
 

入場料

  • 大人(高校生以上):300円 → 240円 (60円割引)

 

本人のみ割引の対象で、当日使用の一日乗車券やドニチエコきっぷに限ります。

ぴよか、はぐみんカードで割引

「ぴよか」とは、名古屋市在住で18歳未満の子供の保護者(妊婦を含む)を対象に名古屋市から発行されるカードです。

ぴよか
 

「はぐみんカード」とは、愛知県在住(名古屋市を除く)で18歳未満の子供の保護者(妊婦を含む)を対象に市町村から発行されるカードです。

はぐみんカード
 

白鳥庭園のチケット窓口で、「ぴよか」または「はぐみんカード」の提示と「ぴよかクーポン券」を提出すると割引があります。

割引は、毎月第3日曜日の「家庭の日」のみが対象です。
 

入場料

  • 大人(高校生以上):300円 → 240円 (60円割引)

 

家族が割引の対象になります。
 

次は、白鳥庭園の無料開放についてお伝えします。


スポンサーリンク
 

白鳥庭園の無料開放まとめ

白鳥庭園は「無料開放される日」と「条件付きで入場料が無料になる日」があります。
 

無料開放される日

  • 名古屋まつり(10月)
  • 名古屋市設置第一号の公園が誕生した記念(11月)

 

条件付きで入場料が無料になる日

  • 着物姿で入場すると無料(1月)
  • 浴衣姿や甚平姿で入場すると無料(7月)

 

「無料開放される日」と「条件付きで入場料が無料になる日」の詳細をお伝えします。

無料開放される日

白鳥庭園が無料開放される日の1つ目は、10月下旬に開催される「名古屋まつり」の日です。

名古屋まつりとは、毎年10月下旬に名古屋市内で開催され、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の三英傑が行列を率いて行進する「郷土英傑行列」が有名なお祭りです。

名古屋まつりの日は、白鳥庭園がとても混雑しますが入場料が無料になるのは嬉しいですね。

名古屋まつり
 

2つ目は、11月下旬にある「名古屋市設置第一号の公園が誕生した記念」の日です。

この時期は観楓会(かんぷうかい)が開催され、真っ赤になった楓が観賞できるようです。

観楓会

条件付きで入場料が無料になる日

条件付きで白鳥庭園の入場料が無料になる日の1つ目は、1月上旬に開催される新春茶会です。

新春茶会が開催されているときに着物姿で白鳥庭園に行くと入場料が無料になります。

新春茶会
 

2つ目は、7月下旬に開催される観蓮会(かんれんかい)と清涼茶会です。

これらが開催されているときに浴衣姿や甚平姿で白鳥庭園に行くと入場すると無料になります。

観蓮会と清涼茶会
 
 

白鳥庭園のイベント情報は公式サイトで確認できます。

白鳥庭園の公式サイト・催事カレンダー(http://www.shirotori-garden.jp/calendar/index.html)
 
 

今回は、白鳥庭園の入場料、割引や無料開放についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?
 

白鳥庭園には、地下鉄を利用する人や愛知県在住でお子さんがいる方には、入場料の割引があります。

名古屋まつりでは、誰でも白鳥庭園の入場料が無料になり、白鳥庭園のイベントでは着物姿や浴衣姿で行くと入場料が無料になるのでイベントの時期に合わせて行くのもいいですね。
 

白鳥庭園の入場料が無料になる日と割引額をまとめた表です。

白鳥庭園の入場料に関する割引額表と無料の日
 

我が家は妻が「ぴよか」を持っていますので、タイミングが合えば割引対象の毎月第3日曜日に遊びに行きたいと思います。
 

関連記事はこちらです ^^
↓ ↓ ↓