お子さんが初めてお箸の使い方の練習をするときって、どんなお箸を選べばいいか悩みますよね。

妻から教えてもらったのですが、ママ友の間でも「何歳からお箸の練習するか」「どんなお箸を使うか」ということがよく話題になっているそうです。

ただ、私は娘にお箸の練習を初めるときには「エジソンのお箸で練習する」と決めていました。

その理由は、姪っ子が3歳になる前頃からエジソンのお箸を使い始め、幼稚園に入ってしばらくすると自然に普通のお箸が使えるようになったからです。

今回は、私の実体験を元に、エジソンのお箸を使い始める時期や普通のお箸に移行する時期、エジソンのお箸の使い方やデメリットについてお伝えします。



 


お子さんのお箸の練習はエジソンのお箸がおすすめ

お子さんがお箸の持ち方を練習するときに悩むのが「どういったお箸で練習するか?」ですよね。
 

大きく分けると持ち方の練習をするときのお箸は2つあります。

  • トレーニング箸
  • 普通のお箸

 

お子さんのお箸の練習には、トレーニング箸をおすすめします。

トレーニング箸とは、お箸に指を入れるリングがついていて、正しい箸の持ち方ができるお箸です。

小さいお子さんでも簡単に使える工夫がされていますので、ママやパパにとっても楽ですよ。

しつけ箸、矯正箸とも呼ばれています。

 

そのトレーニング箸で有名なのがエジソンのお箸です。

 
トレーニング箸
 

インターネットでお子さんのお箸のことを調べると、エジソンのお箸についての内容が多く表示されると思います。

かわいいキャラクターがついたエジソンのお箸もあるため、お子さんは楽しんでお箸を使えるようになりますよ。
 

次はエジソンのお箸をいつからいつまで利用すればいいかをお伝えします。

エジソンのお箸はいつからいつまで利用する?

「エジソンのお箸は小さいお子さんでも簡単に使える」とお伝えしましたが、では「いつからいつまでエジソンのお箸を使うの?」ということが気になりますよね。

私の娘は、2歳5ヶ月~4歳5ヶ月の2年間、エジソンのお箸を使っていました。
 

私の娘を例にして、エジソンのお箸の利用期間についてお伝えします。
 

私の長女は、2歳5ヶ月ごろからママやパパのお箸に興味を持ち始めたため、その頃に娘が好きだったくプーさんのエジソンのお箸を買いました。

このプーさんのエジソンのお箸は、3つのリング(親指、人差し指、中指)がついているため、リングに指を入れるだけで簡単にお箸が持てる仕組みになっています。

プーさんのエジソンのお箸

Amazonで詳細を確認する

楽天で詳細を確認する

 

エジソンのお箸はリングがついていて持ちやすいとは言え、最初のころはどうやって持っていいのか、娘は戸惑っていましたが、少しずつ持ち方を教えると数日で上手に持てるようになりました。

その後、1週間ぐらいで、エジソンのお箸を使って食事ができるようになり、外食用にミニーのエジソンのお箸(3つのリング)を購入しました。

ミニーのエジソンのお箸

Amazonで詳細を確認する

楽天で詳細を確認する

 

エジソンのお箸を買った当初は、ジップロックにエジソンのお箸を入れて持ち歩いていましたが、専用ケースを購入してからは、いつもこの専用ケースに入れてエジソンのお箸を持ち歩いています。

外食のときなど、エジソンのお箸を持ち運ぶときには専用ケースがあると便利ですよ。

最初からエジソンのお箸と専用ケースがセットになっているものもあります。

トーマスのエジソンのお箸と専用ケース

Amazonで詳細を確認する

楽天で詳細を確認する

 

エジソンのお箸を使い始めてから、1年7ヶ月が経過したころ(長女が4歳になったとき)に2つのリング(人差し指と中指)がついたエジソンのお箸に変えました。

2つのリングのエジソンのお箸

Amazonで詳細を確認する

楽天で詳細を確認する
 

この2つのリングのエジソンのお箸は親指のリングがないため、それまで固定されていた親指が自由になります。

長女は、使い始めたときには親指が上手に固定できませんでしたが、数日するとすぐに使えるようになりました。
 

長女が3歳になって幼稚園に通い始めたころ、クラスメイトの子供たちもエジソンのお箸を使っていましたが、年少さんの後半になると普通の箸を使い始める子供がいるため、長女も普通の箸の使い方を練習をしています。
 

次女はお姉ちゃんがエジソンのお箸を使っているのを毎日見ているため、1歳11ヶ月ごろから、3つのリングがついたエジソンのお箸(長女が使っていたくまのプーさん)を使いはじめました。

下の子は何でも早いですね。
 

次はエジソンのお箸の使い方をお伝えします。


スポンサーリンク
 

エジソンのお箸の使い方は?

エジソンのお箸は、リングに指を入れるだけで簡単に使えますが、具体的な使い方をお伝えします。
 

1.リングに軽く指を入れます。

エジソンのお箸の使い方01

2.親指は固定して、人差し指と中指を動かします。

3.大きいものを掴む練習をして、少しずつ小さいものを掴めるように練習します。

※ このとき、手をパーにして(開く力が外に働いて)、箸を広げようとすることが多いです。

4.「1~3」ができるようになったら、薬指を図2のAの部分に添えて、箸を動かすときに安定するようにします。

エジソンのお箸の使い方02

5.普通のお箸に移行、または普通のお箸とエジソンのお箸を交互に使って、普通のお箸に慣れていきます。

エジソンのお箸の使い方03

図3の点線で囲まれた部分のように人差し指と薬指の位置がポイントです。
 

次はエジソンのお箸のデメリットと言われている部分や私の考えをお伝えします。

エジソンのお箸のデメリットは?

エジソンのお箸を使うデメリットは主に2つあります。

  • 本来なら人差し指と中指で上のお箸を挟んでお箸を広げなければいけませんが、リングに頼って手をパーにしてお箸を広げてしまう。
  • エジソンのお箸でリングを使う癖がついて、普通のお箸に移行するのが難しい。

 

私はこのデメリットを理解してなおエジソンのお箸を娘たちに使わせています。
 
お子さんにお箸の持ち方を教えるとき、いきなり普通のお箸(または普通のお箸に形が近いトレーニング箸)では全くと言っていいほど、上手くお箸が使えないと思います。
 
アンパンマンのお箸

ママやパパが付きっきりになって、普通のお箸の持ち方を練習してあげられるのが理想ではありますが、現実的に考えると育児や家事、仕事で忙しいママやパパには、その時間がなかなかとれないですよね。

お箸の持ち方を一緒に教えられず、お子さんが自由に普通のお箸を使う状態が続くと変な癖がついてしまいます。

時間があるときにお箸の持ち方を教えても、なかなか上手く行かないため、ママやパパにとってもストレスになり、それがお子さんに伝わり、お子さんもお箸を使うのが嫌になってしまうこともあります。

 

エジソンのお箸は使い方が簡単なので、最初は戸惑っていても、お子さんはすぐに慣れてしまうはずです。

実際に私の娘もエジソンのお箸を使うのにすぐ慣れました。
 

まずはお子さんにエジソンのお箸で

「箸ってこんなに簡単で便利にパクパク食べられるんだ」

と食事ができることを実感しイメージしてもらうことが大切だと思います。
 

いきなり、普通のお箸で練習し始めるとこの感覚がないため、ママやパパが一生懸命に説明したり、お箸の使い方を教えても

「何のためにこれやってるんだろう?」

「よくわかんないから、つまらない」

とお子さんが感じてしまうかもしれません。
 

エジソンのお箸には、ディズニーのキャラクターが付いているものもありますので、好きなキャラクターを選んであげるとお子さんのお箸の使い方のモチベーションも上がりますよ。

カーズのエジソンのお箸

Amazonで詳細を確認する

楽天で詳細を確認する

 

エジソンのお箸には右利き用と左利き用がありますので、左利きのお子さんでも安心です。

 
 
 

今回は、エジソンのお箸を使い始める時期、使い方やデメリットをお伝えしました。

育児全般で言えることですが、理想が正しいとわかっていても、現実には難しいことがたくさんあります。

お子さんにもママやパパにとってもストレスがないエジソンのお箸で、初めてのお箸の練習ができるといいですね。
 

関連記事はこちらです ^^
↓ ↓ ↓