愛知県豊田市の矢作川河畔で豊田おいでん祭り花火大会2018は開催されます。

その豊田おいでん祭りのフィナーレを飾るのが花火大会です。

高さ30mで長さ550mのナイアガラ大瀑布、約3分間花火を連続で打ち上げるワイドスターマインなど見どころ満載です。
 
豊田おいでん祭り花火大会の花火
 
この豊田おいでん祭り花火大会は、全国の花火大会が対象のYahoo!特集「厳選!有名花火師が選ぶ、2016年のおすすめ花火大会10選」に3年連続第6位に選ばれています。

全国で6位の花火大会というのはすごいですね。

そんな豊田おいでん祭り花火大会を見に行くときには行き方が気になりますよね。

今回は豊田おいでん祭り花火大会に名古屋駅から電車での行き方や最寄り駅についてお伝えします。


スポンサーリンク
 


名古屋から電車での行き方と最寄り駅まとめ!

豊田おいでん祭り花火大会の最寄り駅は「豊田市駅」周辺です。

 

名古屋駅から豊田市駅までは最低でも1回の乗り換えが必要です。

名古屋駅から豊田市駅までは地下鉄や名鉄、JRを使った数種類の方法がありますが、中でもおすすめは下記の方法です。

1.地下鉄東山線「名古屋駅」→「伏見駅」
2.地下鉄鶴舞線「伏見駅」→「豊田市駅」

 

この方法では本数が多く、どちらも地下鉄なので乗り換えも簡単です。
 

地下鉄を使った「名古屋駅」→「伏見駅」(乗り換え)→「豊田市駅」のルートはこちら。

料金は大人760円、所要時間は52分です。

地下鉄東山線の名古屋駅から伏見駅までの行き方は?

地下鉄東山線の名古屋駅から伏見駅までの行き方をお伝えします。
 

地下鉄東山線の名古屋駅から伏見駅までの所要時間は約3分です。


 
 

■1.名古屋駅にある東山線の南改札口に入ります。

名古屋駅には東山線の改札口が3つあります。

  • 北改札口
  • 中央改札口
  • 南改札口

 

ここでは、3つの改札の中で一番大きい南改札から入りますね。
 

名古屋駅の南改札口

名古屋駅の南改札口
 
 

■2.ホームへ続く階段を下ります。

階段は1つしかありません。

名古屋駅のホームへ続く階段
 
 

■3.「栄・藤が丘方面 1番ホーム」に到着します。

名古屋駅の「栄・藤が丘方面 1番ホーム」
 
 

■4.地下鉄に乗車します。

名古屋駅の次が伏見駅です。

名古屋駅の駅名案内


スポンサーリンク
 

地下鉄東山線の伏見駅から鶴舞線の伏見駅の乗り換え方法は?

地下鉄東山線の伏見駅1番ホームに到着したら、鶴舞線の伏見駅へ乗り換えをします。

地下鉄構内の写真を使って乗り換え方法をお伝えします。
 

■1.東山線の伏見駅1番ホームに到着したら「鶴舞線のりかえ」に続く階段を降ります。
 

「鶴舞線のりかえ」の案内板に従って移動します。

「鶴舞線のりかえ」の案内板
 

「鶴舞線のりかえ」に続く階段

「鶴舞線のりかえ」に続く階段
 
 

■2.階段お降りて少し歩くと右手に「鶴舞線 赤池・豊田市方面」の案内板が見えますので、右に曲がります。

「鶴舞線 赤池・豊田市方面」の案内板
 
 

■3.鶴舞線に続くエスカレーターと階段が見えますので下に降ります。

かなり下に降りますのでエスカレーターがおすすめです。

鶴舞線に続くエスカレーターと階段
 
 

■4.下に降りると鶴舞線の「八事・赤池・豊田市方面 3番ホーム」に到着します。

鶴舞線の「八事・赤池・豊田市方面 3番ホーム」


スポンサーリンク
 

地下鉄鶴舞線の伏見駅から豊田市駅までの行き方は?

地下鉄鶴舞線の伏見駅から豊田おいでん祭り花火大会の最寄り駅の豊田市駅までの行き方をお伝えします。
 

地下鉄鶴舞線の伏見駅から豊田市駅での所要時間は約46分です。


 
 

■1.地下鉄鶴舞線の伏見駅から地下鉄に乗車します。

ホームは「八事・赤池・豊田市方面 3番ホーム」です。

地下鉄鶴舞線の伏見駅から地下鉄に乗車
 
 

■2.豊田市駅のホームに到着します。

豊田市駅のホーム
 
 

伏見駅から赤池駅は地下鉄、赤池駅から豊田市駅は名鉄の路線になりますので、途中で電車が地上に出ます。
 

次は豊田市駅から花火大会の会場までの行き方をお伝えします。

豊田市駅から花火大会の会場までの行き方は?

豊田市駅から豊田おいでん祭りの花火大会の会場までは、徒歩で約10分(850m)の距離です。


 

■1.豊田市駅の改札を出て左折し下りのエスカレーターを降りずにそのまま道なりに進みます。
 

豊田市駅の構内図

豊田市駅のマップ
 

こんな感じの道を真っすぐ進みます。

豊田市駅からの道
 
 

■2.エスカレーターが見えてきますので下に降ります。

下りのエスカレーター
 
 

■3.進行方向にに真っすぐ進みます。
 

県道342号線を真っ直ぐ進む
 
 

■4.白い豊田大橋の下を流れる川が花火大会の打上げ場所である矢作川です。

矢作川に架かる豊田大橋
 

次は豊田おいでん祭り花火大会の基本情報をお伝えします。


スポンサーリンク
 

豊田おいでん祭り花火大会2018の基本情報は?

豊田おいでん祭り花火大会2018の基本情報をお伝えします。
 

第50回豊田おいでんまつり花火大会の基本情報
開催日 2018年7月29日(日)
開催時間 19時10分~21時
住所 愛知県豊田市白浜町 矢作川河畔の白浜公園一帯
電話番号 0565-34-6642(豊田おいでんまつり実行委員会事務局/豊田市商業観光)
大会当日:0180-99-5533

 

例年の実績はこちらです。
 

例年の実績
花火の発数 非公開
屋台数 約180店
来場者数 36万人

 
 
 

今回は豊田おいでん祭り花火大会2018の名古屋駅から電車での行き方と最寄り駅についてお伝えしました。

豊田おいでん祭り花火大会の最寄り駅は「豊田市駅」です。
 

名古屋駅からその豊田市駅への行き方は下記のような方法をおすすめしました。

1.地下鉄東山線「名古屋駅」→「伏見駅」
2.地下鉄鶴舞線「伏見駅」→「豊田市駅」
 

料金は大人760円、所要時間は52分です。
 

花火大会の当日は混雑しますので、早めに豊田市駅に到着できるといいですね。
 

この時期には気軽に行ける日帰り旅行、ホテルや旅館に宿泊してゆっくりする泊りがけ旅行がたくさん企画されていますので、そういったツアーを活用するのもいいですね。

クラブツーリズム テーマ旅行

関連記事はこちらです ^^
↓ ↓ ↓